絶対に初婚が良かったのに…

体験者 男性41歳。婚活暦4年。お見合い・パーティー回数、数知れず。
絶対条件 初婚。容姿端麗。6~10歳位年下希望。
活動実績 30代半ばを過ぎた頃、両親の勧めで婚活スタート。自らも年齢の割に、ルックス、職業に自信を持つ。希望通りの相手と数々とお見合いを繰り返す。お見合いの他、パーティーへも意欲的に参加。結婚相談所主催だけでなく、イベント会社主催のものなどあらゆるものに参加している。
結婚相手 女性35歳。バツイチ(子供なし)。婚活歴5ヶ月。この男性が2人目のお見合い相手。

結婚の決め手

出会いとキッカケ

婚活開始してから3年半が過ぎた頃、絶対条件には当てはまらないバツイチ女性からのお見合い申込が入りました。女性のプロフィールを見た時に、まず最初に写真を見て容姿クリア!年齢も6歳年下でクリア!…だけれどもバツイチ。

絶対条件の「初婚」が・・・

絶対条件であった「初婚」ではない。いつもであれば、ここで即断り!と言うのですが悩んでいる様子。悩むくらいなら一度会う事をお勧めしたところ「お会いしてみます」との返事。

お会いしてみたら「今迄に出会った事のないくらい、素敵な女性でした。こんな女性は、もう他に現れる事はないと思います。」といった感想でした。交際当初は、「やはり再婚が…」と口にしていた彼も、毎週お会いする度に女性の良さを実感するばかり。

あんなにもこだわり、絶対に譲れなかった「初婚」という条件も1ヶ月足らずで覆りました。それを覆すほどの理由は何だったの?

女性の全てが決め手

「うわべ(条件)だけではない、女性の全てが決め手になった。」と彼は言います。これもタイミングだったのだと。「婚活スタート当初であれば、どんなに容姿端麗の女性であっても、バツイチ女性だけは絶対に対象にならなかった。その頃、彼女からの申込があっても受けていなかったと思います。

婚活をしてきた経験があったからこそ、彼女を選ぶ事ができました。今は、なぜ初婚女性にこだわっていたのか。初婚であろうが、バツイチであろうが素敵な女性である事に、変わりない。それを気づかせてくれた、彼女との出会いに心から感謝しています。」と、彼は語ってくれました。

結婚の決め手は『かわいげのある女性』

男性が女性の全て(バツイチである事も含め)に惚れた事が決め手でご成婚されました。お相手女性の気立ての良さ、こういう女性は直ぐに決まる!と思った私の勘は的中でした。結婚できる女性の第一条件「かわいげのある女性」実はこれが、決め手だったのかもしれません。

HOME > 婚活成功者 > 初婚希望だった男性が・・・